高麗人参が購入出来る場所

今から2000年ほど昔、奈良時代に現在の朝鮮半島から聖武天皇への献上品として渡来した高麗人参ですが、栽培の難易度があまりに高かったために一般庶民まではなかなか流通しませんでした。
江戸時代後期になってようやく人工栽培に成功したものの高額商品であることには変わりなく、一部の金持ちが手に出来る程度でした。
今でも天然物は10万円単位での取引がされています。
難易度が上がってしまう原因の1つは気候の変化に大きく左右される事です。
ほどよい湿度と適温が必要です。

どちらかといえば冷涼なくらいがいいのですが寒すぎては育ちません。
もちろん高温は嫌うのでさらに栽培が困難になります。
そして直射日光を嫌うので木陰のような場所である事が理想です。
これだけの条件がすべてそろっている土地というのは世界を巡らしてもあまり見つかりません。

第2に畑の準備をしてから収穫までに5年以上の年月を要しますので大量生産も困難です。
現在は中国と朝鮮半島にある一部の地域および日本の特定地域で栽培されています。
純粋な天然物を見つけるのは大変難しいです。
最も有名な産地として中国の長白山、韓国の豊城、長野県の東信地区、福島県会津、島根県若松などをあげることができます。
人工栽培ですのでさすがに数1000円程度で購入できますが、使われている割合によっては1万円以上する事も珍しくありません。

一般に手に入る比較的手頃な製品は含有成分のごく一部として使われているものです。
このように相変わらず希少価値が高い高麗人参ですが健康のために値段を考えていられないという人々にとってはやはり高麗人参を丸ごと使用した漢方薬はのどから手が出るほど欲しいに違いありません。
中にはまがいものも多々市場に出回っていますので、コストパフォーマンスは良質かどうかを見極める必要があります。
ずぶの素人に選別は難しいので初心者はなるべく有名店や漢方専門店を利用するか、評判や噂を事前にリサーチしておいて間違いなく製品選びができるようになる事が重要です。